ホーム

野澤研究室について

真核生物のゲノムDNAは、円盤状のヌクレオソーム構造を基盤として高度に折りたたまれ、タンパク質の設計図であるmRNAの合成は、そのダイナミックな構造変化によって制御されています。このゲノム構造の破綻は、がん、生活習慣病、精神疾患など様々な病気を引き起こしますが、立体構造からその原因を究明することができます。私たちの研究室では、遺伝子のオン・オフを規定する「DNAループ」を中心に、細胞の運命を決めるDNAの折り畳み構造を「原子の世界を覗く技術」で解明したいと考えています。

*野澤研究室では、一緒にゲノム構造の研究に取り組んでくれる大学院生・博士研究員を募集しています。

What’s new

*2022. 04. 01 野澤研究室が発足しました。

2024. 04. 17 野澤准教授が文部科学大臣表彰
      若手科学者賞を受賞しました。

2024. 03. 29 B4の小高君が学士論文研究優秀
      発表賞を受賞しまた。

2024. 03. 08 アルバムを更新しました。

2023. 09. 05 アルバムを更新しました。

2023. 01. 30 野澤准教授が創発的研究支援事
      業に採択されました。

2022. 12. 27 アルバムを更新しました。

2022. 12. 15 野澤准教授が「令和4年度東京
      工業大学生命理工学院竹田若手
      研究者賞」を受賞しました。

2022. 11. 08 野澤准教授を筆頭著者とする論
      文のプレスリリースが発表され
      ました。

2022. 11. 03 野澤准教授を筆頭著者とする論
      文がProc Natl Acad Sci U S A.
      に掲載されました。

Links